若い世代ほど有効なピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌 ピロリ菌とは、人の胃から発見された細菌で、免疫機能が不完全な子供の頃に感染し、胃の粘膜に侵入、アンモニアを生産しますが、その状態が長く続くことで炎症を繰り返して慢性胃炎となり、さらに、胃の粘膜が破壊されて組織が元に戻れなくなる萎縮性胃炎へと進むことがありますが、この病変は、胃がんの前段階と考えられています。
そのため、胃がんにならないためにも、ピロリ菌を除菌することがとても大切なこととなります。特に、このような菌は、除菌することで、若い世代ほど胃がんになる確率が大幅に下がることが判明していることから、検査を受けるには、成人式が最適であるとの専門家の推奨があるほどです。
また、この菌を除菌すると胃の粘膜がキレイになって、胃がんの早期発見に繋がるメリットがありますが、高齢になって除菌しても、がんの発症率はあまり変わらない事が報告されています。
なお、ピロリ菌の検査や治療の流れとして、感染の有無を調べるには6つの検査方法がありますが、そのなかの一つを選択して検査を受けてから、内視鏡で胃の中を診察します。
そこで、ピロリ菌が陽性で慢性胃炎との診断を受けると、胃酸の分泌を抑える薬と抗生物質を7日間服用する除菌治療が開始しますが、治療終了後から8週間後、再度検査して除菌されたかどうかを判定し、陽性の場合には、再度、二次除菌の治療が行なわれますが、ここまでは健康保険が適用されます。

あなたの疲労感はピロリ菌が原因?

繰り返してお腹が痛くなったり、胃が痛かったり、疲労が慢性的に続いている・胃の不快感を感じたり、胃もたれがしたり・食欲不振の状態になっていませんか。
それは、ピロリ菌が原因のために引き起こっている可能性があります。
ピロリ菌とは、胃の中が好きということで住みついており、胃を荒らしている細菌です。この菌に感染するする原因としては、胃の中の酸性が弱い状態である0歳~5歳の間に感染するといわれており、その期間中に食べ物から感染したことが考えられます。
また、ストレスが原因で引き起こされる場合もあります。
そして、この菌は、攻撃的であり危険性のある菌であることを頭においておかなければなりません。胃の病気にかかる可能性が非常に高く、そのままにしておくと危険です。ピロリ菌によって、引き起こされる病気を挙げます。
・十二指腸潰瘍・慢性胃炎・胃潰瘍
・20倍以上もの確率で胃がんを発症させる
このように、胃の病気にかかりやすくなります。そのため、日ごろから、ヨーグルトを食べることや洋食ではなく、和食を摂るようにするなど食生活の改善が必要になってきます。
そして、最もピロリ菌に良いとされているのは除菌治療です。保険は効きませんが、胃の病気になりやすくなるので、最近は除菌治療をしている方も多くいます。

新着情報

◎2017/11/30

起こり得る副作用
の情報を更新しました。

◎2017/4/24

ピロリ菌と疾患について
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 除菌」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@shizupanda ひょっとしたら、除菌方法が変わっていたらごめんなさい。 ピロリ菌って騒がれはじめた頃の、治療方法ですので…。

Twitter OnesongsB 保志キラ

返信 リツイート 0:51

返信先:@shizupanda タケプロンは、単体だと、逆流性食道炎の薬です。ピロリ菌除菌には、抗生物質2種が必須です。ドグマチールは、古くからあります。早めに検査してくださいね。胃カメラ苦手な私も、働いている時は、毎年やっていました。ピロリ菌の検査は、痛くも痒くもありません。→

Twitter OnesongsB 保志キラ

返信 リツイート 0:48

咳、喉痛い風邪 右手に大きな火傷 ピロリ菌除菌 右足肉離れ これが今抱えてる病、、、 そりゃ時間足りなくなるし、パフォーマンス落ちるよなぁ

Twitter syoutyuuumebosi 元てんちょ~@酒と野球好きブロガー

返信 リツイート 昨日 23:43

返信先:@shizupanda 除菌した方がいいですよ。抗生物質2種類と、タケプロンと言う薬が、オーソドックスですが…。ピロリ菌の検査をやった方が良いです💦母親は、除菌後、再発しました。お大事にです🌸 余談ですが、ドグマチールは、胃潰瘍にも、精神が辛い時にも使えるお薬です。

完全に除菌できます、ってことはないらしいです。【再掲】ピロリ菌除菌にリスクはあるのか? ichou-daiji.info/stomach_diseas…

返信先:@kuromaru_owner ピロリ菌大変でしたね…私は5月末に人間ドックで、腫瘍の疑いで…精密検査になりました。腫瘍ではなく、繰り返し出来た潰瘍が変形していたので、ピロリ菌の検査~除菌になりました。アレルギー体質なので、蕁麻疹がでてしまい、きつかったです。。。

2回とも、主な原因はピロリ菌だと言われ、除菌を行ったが、1回目は失敗し、2回目は成功したので、今のところは問題はないかな。 教訓としては、怪しい時は病院へかな。 高校生の時よりかは、検査しやすくなっているらしいから今度は気をつけようかな。

除菌 卒業~♪ ピロリ菌1次除菌 完了しました! 蕁麻疹からも、回復 できそうです! pic.twitter.com/3LoJ7IWFuE

【胃潰瘍】胃の粘膜保護作用が低下することで、胃酸が胃を傷害し潰瘍を形成する疾患。70%がピロリ菌によるものとされ、残りの殆どはNSAIDsによる薬物投与が原因。胃痛、吐血、下血などの症状がみられる。治療は胃酸分泌抑制やピロリ菌除菌が行われる。

Twitter get_better_bot 病気の一覧bot

返信 リツイート 昨日 18:50