ピロリ菌検査で胃カメラ併用することも

ピロリ菌検査で胃カメラ併用することも ピロリ菌に感染しているかどうかを確かめるには、血液検査を用いるのが一般的です。
血液検査では、感染の有無だけでなく、胃の損傷がどれだけ進んでいるかということも、かなり正確にわかります。
しかし、なんらかの症状があって、胃カメラを飲むことがすでに確定している場合は、胃カメラ検査の際に、ピロリ菌検査をすることもできます。
 一般的には、健康診断で血液検査をし、ピロリ菌に感染していた場合はその後胃カメラ検査をします。
除菌治療を健康保険でおこなうには、内視鏡で診て、胃炎が見つかることが条件だからです。
健康診断を受ける年齢なら、もう20年以上、ピロリ菌に感染し続けていたわけですから、なんらかの胃の異常が見つかることが多いものです。
胃炎が見つかると、健康保険での除菌治療となります。
除菌は、抗生物質を1週間服用することでおこなわれます。
その約1か月後に呼気検査をし、除菌が成功したかどうかを確認するのが普通です。

ピロリ菌検査にかかる費用とは

ピロリ菌の検査を健康診断でおこなった場合は、費用はさまざまです。
会社や自治体からどの程度補助が出るかによりますが、費用負担が最も低くて済む方法のようです。
病院で検査する場合は、胃の不調で受診する場合は別ですが、ピロリ菌の有無を調べることが目的で検査する場合は、健康保険が適用されず、全額自己負担となります。
検査の方法によって、費用はまちまちですが、呼気検査の場合は、初診料と合わせて9000円程度になることが多いようです。
便で検査する方法だと、8000円程度になります。
尿や血液で調べると、6000円くらいになります。
ただし、呼気検査は数十分後に結果がわかりますが、他の検査方法だと、後日再び受診して結果を聞くことになります。
健康診断の結果、感染していることが判明して受診する場合は、病院では胃カメラ検査から始まり、胃炎があれば除菌終了まで8000円程度で収まることもあります。
胃炎が見つかれば保険診療となるからです。

『ピロリ菌 費用』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/btfcmrwa/public_html/cprezy.com/cost.html on line 77