ピロリ菌が原因のつわりについて

ピロリ菌が原因のつわり 妊娠中にピロリ菌に感染している人は、つわりがひどくなる可能性があります。妊娠中は薬の制限がかかりますが、それでもピロリ菌の検査はすることはできます。
方法としては、呼気検査や胃カメラなどで行います。
ただし、検査によってピロリ菌がいることがわかったとしても、妊娠中の除菌は、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がありますので、除菌はしない方が賢明でしょう。
ですので、もしピロリ菌に感染していることが判明し、どうしてもつわりや胃炎などの症状に悩まされる場合は、病院の診察を受け、先生の指示に従うことが一番の得策でしょう。
赤ちゃんが生まれてからも、しばらくは母乳で赤ちゃんを育てることになりますから、母乳で育てる期間が過ぎてから除菌を行う方が、赤ちゃんの身体の事を考えれば、一番最良の方法でしょう。
妊娠前に検査をして除菌を行うのが一番ですが、妊娠後に感染が発覚し、つわりで辛い状態が続くことがあっても、生まれてくる赤ちゃんの事を考え、除菌は先生の指示に従い、慎重に行うようにしましょう。

ピロリ菌で鉄分が減ってしまう

最近、ピロリ菌が鉄欠乏製貧血を引き起こすことがわかってきました。
貧血は、酸素を血液に運ぶ赤血球のヘモグロビンの原料である鉄が不足して、細胞が酸欠状態になることです。その大切な鉄をピロリ菌が減らしてしまうメカニズムがわかってきたのです。
それは、胃の粘膜と関係しています。食べた食事は食道を通って胃に運ばれて胃の粘膜から出る胃液によって消化その語調で吸収されます。
そのときに、もし、胃の粘膜がピロリ菌に感染していると、胃酸が十分に分泌されなくなってしまいます。一方、食物の中の鉄分には二つの形があります。
一つは、ヘム鉄といわれる動物からの鉄分。レバーなどに含まれています。もうひとつは非ヘム鉄と呼ばれる植物からの鉄分です。ほうれん草などに含まれています。
そして、この非ヘム鉄は消化が悪いことで知られていて、さらに、そこへ、ピロリ菌によって、胃の粘膜からの胃酸の分泌が少なくなっていると、当然、非ヘム鉄の消化吸収ができずその分の鉄分が不足し、鉄欠乏製貧血を起こしやすくなるというメカニズムです。
貧血の対策をしても貧血が治らない人は菌の感染検査をしてみるとよいです。菌を除菌して貧血が治る人もいます。

『ピロリ菌 原因』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/btfcmrwa/public_html/cprezy.com/genin.html on line 86