ピロリ菌の除去することで起こり得る副作用

ピロリ菌の除去することで起こり得る副作用 日本人の多くには、ピロリ菌に感染しているといわれています。
ピロリ菌は、胃ガンや胃潰瘍の原因になるともいわれていますから、早期に発見して除菌するという人も増えています。
ただ、ピロリ菌を除菌する時に使用する薬は、非常に強い薬のため、副作用が起こる可能性もあります。
除菌に使用する薬は、短期間で除菌を行えるものですから、強い薬でもありますから、副作用が起こるということも知っておく必要があります。
一般的に処方される薬は、3種類の薬を同時に1週間、1日3日づつ飲み続けることで、効果を得ることができますが、同時に3種類の薬を服用することで、副作用のリスクも高くなってしまいます。
主な症状としては、発熱や下痢、味覚異常、軟便、アレルギー反応、腸内環境の変化などがあります。
このようなデメリットを避けて除菌したいという場合には、マヌカハニーがおすすめです。
マヌカハニーは、薬とは違って即効性はありませんが、抗生物質などの薬とは異なり善玉菌の餌となり悪玉菌を除菌してくれますから、腸内環境を整えて免疫力をアップさせることも可能です。

ピロリ菌を除去するのにかかるコスト

ピロリ菌を除去するためには、検査と除菌に必要な治療薬の費用が必要です。
かつては保険適用外でしたが、今では健康保険が適用されています。
まずピロリ菌の検査には、内視鏡と呼ばれる胃カメラが行われることが多く、およそ6,000円から8,000円前後がコストの相場です。
また内視鏡検査にも迅速ウレアーゼ試験や鏡検法、培養法という種類があり、それぞれコストが若干異なります。
その他、胃カメラを使わない検査なら、約1,000円ほどで受けられます。
さらに検査によってピロリ菌が発見された場合は、3種類の治療薬を1週間服用します。
費用は3,000円が目安となっています。
1週間後に再検査があり、初めの検査と同程度の費用がかかります。
ほぼ90%近くが除菌に成功しますが、除菌できなかった場合は治療薬を変更して、再び治療が行われます。
その際の治療費はやはり、6,000円から8,000円であることが多いです。
ただし個人の症状によって多少金額は変わってきます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>