遺伝ではないピロリ菌の感染を防ぐ方法

親が感染していると高い割合でその子どもも感染しているのが、ピロリ菌の怖さです。そのため一般的にピロリ菌は親から子に遺伝するものと思われていますが、実はピロリ菌は遺伝しません。
ではなぜ親子で感染している確率が高いかというと、スキンシップが原因です。
感染を防ぐ方法 幼い子どもは免疫力が低いうえに胃酸もまだ強くないので、口から中に入り込んできた菌が胃で死滅せずに生き残る危険性があります。なのでそんな時期に菌を保有している親が咥内で咀嚼したものを子どもに口移しで食べさせると、そこから感染するリスクが生じるのです。そうならないようにするためには、まず子どもに菌を移さないように親自身が気を配る必要があります。子どもが生まれたら夫婦そろってピロリ菌の検査を受け、場合によっては除菌するのも子どもへの感染を予防するうえで有効です。
特に感染は5歳以下の幼少期に起こりやすいので、その時期が過ぎて子どもの免疫が強くなるまでは念入りに気を付けましょう。

高齢者の胃にピロリ菌がいた場合について

高齢者の胃にピロリ菌がいた場合はどうすればいいのでしょうか。
ピロリ菌は胃の中にすみつき、慢性胃炎、萎縮性胃炎、胃がんなどの症状をひき起こす原因を作り出す菌です。70歳以上の日本人では70%ほどの人が感染しています。高齢者の人の感染率が高いのは上下水道が十分に完備されていなかった戦後の時代に生まれたことが関係しています。
そのため、衛生状態のよい環境で育った若い世代の感染率は年々低くなっています。高齢者でこのピロリ菌がいた場合、年齢のみで除菌治療をするかどうかを決めません。MALTリンパ腫であれば年齢に関係なく感染者は除菌治療をした方がよいでしょう。
しかし、すでに高齢で高度な胃粘膜萎縮などの症状が出ている人の場合は、除菌しても胃がん予防の効果が少なく、さらに腎機能が悪い人などは積極的に除菌をしなくてもよいと医師に言われることもあります。基礎疾患が無く、本人が除菌したいという希望があれば高齢であっても除菌治療することは可能です。
ピロリ菌はほどんどが5歳以下の幼児期に感染すると言われており、大部分は飲み水、食べ物を通じて口から体内へ入るとされています。
そのため、お孫さんなどと接することが多い高齢の人は感染源となることも考えられるので、除菌治療が出来る人は治療をするとよいでしょう。

新着情報

◎2017/4/24

ピロリ菌と疾患について
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 感染」
に関連するツイート
Twitter

【知っておきたい対処方法】「検査及び治療の保険適用について」胃がんの発症につながると指摘されるピロリ菌感染による慢性胃炎について厚生労働省は・・・ pylori-kin.net/care/01-5.php #ピロリ菌 #胃がん

Twitter pylori_kin_net ピロリ菌ネット - 27分前

リツイート 返信

胃がんのほとんどがピロリ菌が原因?。ピロリ菌感染者は胃がんになるリスクが約5倍に上がります。ピロリ菌感染の有無や、胃の検診などは対応している医療機関で行えます。また、ピロリ菌が陽性でも除菌によって胃がんのリスクを減らすことが出来ることが分かっています。

7月24日(月) 大阪府高槻市の「ピロリ菌対策事業」について視察。 勿論、成人対象のピロリ菌対策事業も行っていますが、「中学生を...連携し合い、しっかりとした事業を実施されています。大変参考になりました。 因みに中学生のピロリ菌感染者は3%とのこと。早目の対策が将来の胃ガン撲滅の大きな希望に繋がります。

AGML NSAIDsが多いが、抗菌薬・コルヒチン・ステロイドも原因 ピロリ菌の急性感染により生じる(慢性感染は慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍) ガストリン値正常 便潜血反応陽性 内視鏡:多発性の浮腫・発赤・びらん 再発は稀

あとピロリ菌感染だけ😏

Twitter Aimer627 いとけん - 昨日 12:43

リツイート 返信

ピロリ菌は胃炎や胃ガンを誘発する原因といわれている細菌です。40代の感染率は70%だとか!お茶を飲むと除菌すると言われています。お茶は「有用菌を除菌しない」「耐性菌を作らない」など利点が多い飲み物です。 (`_´)ゞ飲まなきゃ損であります!

Twitter nagasawaenn 長澤園(水戸エクセルみなみ店) - 昨日 12:00

リツイート 返信

胃がんのほとんどがピロリ菌が原因?。ピロリ菌感染者は胃がんになるリスクが約5倍に上がります。ピロリ菌感染の有無や、胃の検診などは対応している医療機関で行えます。また、ピロリ菌が陽性でも除菌によって胃がんのリスクを減らすことが出来ることが分かっています。

ピロリ菌が胃に長く感染していると、粘膜に炎症が起こります(萎縮性胃炎)。胃炎が何年も続くと、炎症によって粘膜細胞の遺伝子が傷つくことにより、経過によっては胃がんを発生しやすくなると言われております。 #健康

Twitter coooorin とし@総合診療医 - 昨日 10:08

リツイート 返信

すべて薬事法違反ですね。胃がんの一因となるピロリ菌の活動を薬と併用することで抑えるというLG21乳酸菌、インフルエンザウイルスの感染を防ぐというR-1乳酸菌。 痛風持ちに朗報? プリン体と闘う明治ヨーグルト「PA-3」登場 kotayan.seesaa.net/article/451163…

ピロリ菌感染症  感染するのは10歳頃までの小児に多いです。ピロリ菌感染している人からの食べ物の口移しや、上下水道が整備されていなかった時代に不衛生な水を飲んだことなどが原因と考えられています。 #健康

Twitter coooorin とし@総合診療医 - 昨日 9:38

リツイート 返信