ピロリ菌感染が高齢者に多いわけ

ピロリ菌感染が高齢者に多いわけ ピロリ菌とは正式名称をヘリコバクター・ピロリという胃に住み着く細菌です。
ピロリ菌がいると慢性胃炎や胃潰瘍などの原因になるだけではなく、胃癌になるリスクが非常に高くなるということが知られています。
現在、日本では50%以上が保菌者であると言われており、特に50歳以上の中年・高齢者の年齢層での割合が非常に高くなっています。
その原因は、戦前~戦後の日本の衛生事情が影響していると言われています。
ピロリ菌は免疫が不十分な5歳ぐらいまでに感染すると言われています。
汚染された食べ物や飲み物などが口に入ることで感染するのですが、当時の日本はあまり衛生環境がよくなかったため、その時に幼少期を過ごしていた今の高齢者世代が感染してしまったと考えられます。
さらに昔は子供に離乳食を与えるときに口移しで行うことも一般的であったため、その世代から子供の世代(現在の50代~)まで感染が広がったと考えられます。
現在では検査で簡単にピロリ菌の有無を調べられますし、陽性であれば抗生剤を飲んで除去することが可能です。
まだ検査を受けたことがない方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

ピロリ菌の除菌をする人が増えてきた

日本人の3人に1人ががんになる時代になっています。
そして日本人に多いガンといえば胃がんです。
なぜ胃がんになりやすいのかといえば、いままではストレスと考えられていましたが、最近ではピロリ菌がいることが一番の原因といわれています。
胃の中にピロリ菌がいることによって胃の粘膜が傷ついたり、ただれたりします。
その結果、胃炎になったり胃潰瘍になるだけでなく胃がんになるリスクが高くなってしまうのです。
そのためピロリ菌の検査をする人が増えてきています。
さらには検査の方法がとても簡単にできるようになったことも検査をする人も、除菌する人も増えている要因です。
検査は検査容器に息を吹きかけたり血液検査でもある程度の可能性がわかるようになっています。
さらには除菌のやり方も1週間程度、錠剤をのむだけで除菌できるようになり、さらには保険適用で比較的安価で除菌できるようになってきたいるということも検査を受ける人が増えてきています。