ピロリ菌の治療で副作用が出ることがあります

ピロリ菌の治療で副作用が出ることがあります ピロリ菌の殺菌のためには薬の効き目を高くするために胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗生物質の合計3種類の薬を飲むことになります。
この治療で副作用が起こることがありますが、症状は下痢や軟便、腹痛が主な症状です。
これはピロリ菌を殺菌するために服用した抗生物質の影響で、腸の中の善玉菌まで一緒に殺菌されてしまったことが原因になっていると考えられています。
治療をした人の10~20%の割合であらわれる副作用だと言われています。
他の主な症状としては5~15%の割合で食べたものの味がおかしい、苦みや金属のような味を感じたという味覚障害、2~5%の割合で発疹やかゆみなどのアレルギー症状が起こっています。
他にも頭痛、肝機能の数値の変動なども副作用として起こることがあるため、治療中にこれらの症状が起こったり体調が悪いと感じた場合には薬の服用をやめ、すぐに薬を処方してもらった病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

ピロリ菌の治療薬について

ピロリ菌の治療薬は抗生物質です。
一週間服用すれば、7割の確率で除菌に成功します。
除菌ができなかった場合は、他の種類の抗生物質でもう一度除菌を試みます。
これでほとんどの人が除菌に成功します。
ここまでは保険診療でできます。
2回の除菌治療でうまくいかなかった場合は、さらに他の抗生物質を試すことになりますが、これには保険がききません。
 ピロリ菌に感染するのは5歳までです。
感染が発覚するまでは数十年経過していることが多いわけで、ピロリ菌はその間ずっと胃に巣くっています。
その菌がわずか一週間、小さな錠剤を服用するだけで全滅するわけですから、ある意味驚異的なことと言えるでしょう。
それだけ威力のある薬であるため、腸内の菌までなくなり、ひどい下痢をすることもあります。
しかし、食あたりとは違うため、痛みはないことが多いです。
薬の服用が終了したら、すぐ下痢は治ります。
効果が劇的であるわりに、それほど強い副作用はないようです。

『ピロリ菌 治療薬』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/btfcmrwa/public_html/cprezy.com/remedy.html on line 77